留学ビザ

在留資格
Startup Stock Photos

留学ビザとは

留学ビザは、日本の大学・短期大学、高等学校、中学校、小学校等への留学生、日本語学校の学生など教育を受ける活動のために設けられたビザです。

留学の在留期間

4年3ヵ月、4年、3年3ヵ月、3年、2年3ヵ月、2年、1年3ヵ月、1年、6ヵ月または3ヵ月です。

申請の流れ

1.日本の学校を受験、合格通知をもらう。

2.在留資格認定証明書の交付申請

「在留資格認定証明書」は、留学志望者本人または代理人(申請者の親族や受入れ教育機関の職員等)が、日本国内の地方出入国在留管理局に申請します。
多くの場合、受入れ教育機関が代理で申請します。
必要書類は学校に問い合わせてください。

日本に滞在するための経費支弁能力を証する書類

本人や本人以外の人が日本滞在中に発生する費用を負担する能力があるということを証明する書類が求められる場合があります。
必要書類・・・経費支弁者の預金残高証明書、過去数年間の収入証明書、課税証明書等

3.査証(ビザ)の申請

在留資格認定証明書が交付されたら、母国の在外日本国公館で査証を申請します。
必要書類・・・① 旅券(パスポート)② 査証申請書③ 写真④ 在留資格認定証明書⑤ その他

留学中、アルバイト等をしたい人へ

在留資格「留学」は、地方出入国在留管理局等で、「資格外活動許可」を受けることによって、アルバイトをすることができます。

・新規入国者で、かつ「留学」の在留資格で3ヵ月を超える在留期間が決定された人は、上陸許可時に空港等において「資格外活動許可」の申請をすることができます。

お問い合わせはこちら

留学後の就職について
在留資格の変更が必要です!! 在留資格は「留学」から「人文知識・国際業務」「技術」などの就労可能な資格への変更が必要です。 主に、在学中に内定が決まる場合と卒業してからも就職活動を続ける場合に分かれます。 在学中に内定が決まった場...
タイトルとURLをコピーしました