在留資格

在留資格

就労ビザ(在留資格)

在留資格には、「身分・地位にもとづく在留資格」と「活動に対して付与される在留資格」があります。 就労ビザとは、「活動に対して付与される在留資格」の中で、日本で就労することを目的とした19種類の在留資格の通称であり、その中から活動内容に合わせて取得されます。 主に、技術・人文知識・国際業務、技能、経営・管理の在留資格が多くなっています。 中小・小規模事業者をはじめとした深刻化する人手不足に対応するため、特定技能という在留資格が2019年からスタートしました。
在留資格

ベトナム人の特定技能に推薦状が必要

2021年2月15日以降に行う在留資格「特定技能」に係る在留資格認定証明書交付申請に当たっては、ベトナムについては、協力覚書において特定技能外国人に対し、ベトナム政府が推薦者表(特定技能外国人表)を承認することとなりました。
在留資格

在留資格「介護」

日本の機関の契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動
在留資格

在留資格「高度専門職」

高度専門職ビザは、専門的な技術力や知識を有する外国人が 日本の労働市場の効率性を高めあうための人材として入国する在留資格です。
在留資格

在留資格「技能実習」

わが国で開発され培われた技能、技術又は知識の開発途上国 等への移転を図り、その開発途上国等の経済発展を担う「人づくり」に協力することを 目的とする制度
在留資格

在留資格「永住者」

自分の国の国籍(外国籍)のまま、無期限に日本に住んでいいよという許可です。 就労活動に制限がなくなります。もし離婚してもそのまま日本で暮らすことが可能です。
在留資格

在留資格「経営・管理」

在留資格「経営・管理」とは、日本での貿易その他の事業の経営を行い又は当該事業の管理に従事する活動、企業の経営者,管理者など。
在留資格

在留資格「企業内転勤」

企業内転勤とは、海外の事業所から日本の事業所に転勤する際に取れる在留資格になります。
在留資格

在留資格「特定技能」

特定技能には、2種類の在留資格があります。
在留資格

技術・人文知識・国際業務

公私の機関との契約に基づいて行う理学,工学その他の自然科学の分野若しくは法律学,経済学,社会学その他の人文科学の分野に属する技術若しくは知識を要する業務又は外国の文化に基盤を有する思考若しくは感受性を必要とする業務に従事する活動になります。
タイトルとURLをコピーしました